レイクで融資を受けることができるか否かの命運を握っているのが、審査です。年齢や収入などの条件を満たして、申し込むことができたとしても、審査で引っかかってしまえば、レイクの融資を1円も受けることができません。それなら、実際にレイクに申し込む前に、審査では一体何を見ているのかについて知っておくだけでも、後々役に立つことになります。ではまず、レイクの審査の概要からお話します。
レイクの審査でまず見られるのは、他社の借り入れ件数です。借り入れ件数が重視されるには、理由があります。借り入れ件数があまりにも多いと、返済先が多くなってしまい、その結果返済の際の負担が大きくなってしまいます。これではレイクの審査に運良く通ったとしても、後々自分が辛い思いをするだけです。そうならないように、まずは借り入れ件数が重視されるのです。そして、レイクは総量規制対象外です。一般的に消費者金融は、総量規制に従うのですが、この規制に当てはまりません。そのため、年収の3分の1という枠組みの中で融資金額について審査をされるわけではありません。もちろん、かと言って借り入れ金額が多くても良いというわけではありません。そして、職業のことも気になって仕方がないことでしょう。主婦の方や学生の方や無職の方は、レイクの審査に通過することができるのか、多くの方にとっての疑問となります。この点についても、おいおいお話していきます。そうすれば、審査についての知識を身に着けることができます。

 

 

 

審査通過条件を確認 借入件数は何社までが目安?
レイクの審査では、既にある借り入れ件数が何件あるのかによって大きく結果が変わってきます。もちろん、借り入れ件数さえ満たしてしまえば良いというわけではないですが、借り入れ件数が審査に大きく響くことには、変わりありません。では、具体的に借り入れは何件までであれば良いのかという目安についてお話します。
レイクの審査は、収入や住まいの情報、家族の人数、既婚か結婚かなど、多岐に渡る情報を総合判断した上で、融資の可否が決定されます。そのため、借り入れ件数がこれ以下だったら必ず審査に通るといったものではありません。あくまでも目安として考えることです。借り入れ件数について言えば、0件であればよほど問題ない限り、大丈夫です。1件ないしは2件の場合、他の項目で極端に悪くなければ、審査が通る確率が高いです。3件になってくると、借り入れ金額がいくらあるのかにもよって、審査結果が左右されます。4件以上あると、審査に通ることは、かなり難しくなってきます。仮に現段階で4件の借り入れがあるということは、もしレイクで融資を受けたら、合計5件の借り入れになります。こうなってしまうと、返済がものすごくきつくなってくることは、目に見えています。このように考えてみると、他社借り入れについては、多くても2件もしくは3件が目安と言えます。レイクとしては、「レイクで融資をしても、きちんと返済ができるかどうか」という点を重視して融資しているのです。